オンラインカジノが稼げる理由は?ペイアウト率って?

10月 20, 2020 0 Comments

みなさんは普段からギャンブルをプレイしていますか?
一口にギャンブルといってもギャンブルにはさまざまな種類が存在します。

ギャンブルの例を挙げると、競艇、競輪、宝くじ、サッカーくじなどです。

後に説明しますが、それぞれペイアウト率(還元率)が違います。
ギャンブルで大勝ちする人が少ないことを考えると当然ですが、
どれも還元率は非常に悪いことが多いです。

そもそもギャンブルの代名詞となるのはカジノと言われています。

またネットを通してプレイするオンラインカジノの還元率、ペイアウト率は
他のギャンブルと比べると雲泥の差があるほど非常に優秀です。

オンラインカジノは還元率、ペイアウト率が最も高いといっても過言ではありません。

今回はペイアウト率について、なぜペイアウト率が高いと稼げるのかといった部分について解説していきます。

これからオンラインカジノで稼ごうと考えているか方、
オンラインカジノをプレイしているがなかなか稼げないといった方はぜひ参考にして見てください。

そもそもペイアウト率とは?

ペイアウト率とは還元率とも言われることが多く、
簡単に意味を説明するとギャンブルで賭けた金額に対して戻ってくるお金のことを言います。

例を挙げると、1万円賭けたときに、最終的に6,000円が手元にある、残った場合は還元率は60%
ということになります。

わかりやすく宝くじで例えて見ましょう。

1枚300円の宝くじを100枚。合計3万円分購入したとしましょう。

宝くじには1等のほかにも5等など、高額ではないあたり、少額のあたりもありますよね。

ただ100枚買えば、少額でもいくつか当たっているクジが何枚かは入っています。

ここでいっておきますが、宝くじの還元率はおよそ45%と言われています。

そのため宝くじを3万円分購入した時には、だいたい3万円の45%ほどの金額、
およそ13,500円が手元に戻ってくることが期待できると言えます。

ここで誤解を招きやすいのですが、この数字はあくまで期待できますということです。
確実に45%が戻ってくるという数字、データではありません。

要は、ペイアウト率はだいたいこれだけのお金は戻ってくることが期待できますよということになります。

45%を基準にした場合、13,500円より上なら運がよく、13,500円より下回れば運が悪かった、と言えます。

そもそも宝くじとは、くじを買った時点ですでに半分程度の価値がないと期待値が出ている、
非常にペイアウト率が悪いギャンブルと言えるでしょう。

むしろペイアウト率が高いと手元に戻ってくる金額が多いので、期待値が高いということですので
運が悪かったとしても手元に戻ってくる金額が多いことが多いです。

ギャンブルを行う前にはペイアウト率の数字を確認してから、
プレイするとより効率的に稼ぐことできるでしょう。

ペイアウト率で稼ぐ?運営がマイナスにならないようにできている!

どのギャンブルにも言えることですが、
運営が赤字になってしまってはプレイヤーにゲームを提供することができません。

そのためペイアウト率が100%を超えてしまうと、
運営元がギャンブルで儲かる機会がなくなってしまうため、
運営が赤字になってしまうので経営を続けることができなくなります。

基本的にはどのギャンブルでも、ペイアウト率が100%を超えないようにできています。

これは別の言い方をすると「ハウスエッジ」を取ると言います。
ペイアウト率が80%なら、ハウスエッジは20%です。

ですのでハウスエッジとは、運営の売上げと想像してください。
前述の宝くじの例ではペイアウト率が45%なので、残りの55%は運営(国)が持っていくことになります。

稼ぐならオンラインカジノ!ペイアウト率が圧倒的!

身近なギャンブルのペイアウト率を簡単に説明しておきます。
以下の情報を見てもオンラインカジノのペイアウト率が圧倒的であることがわかるかと思います。

ギャンブルのペイアウト率
宝くじ:45.7%
競輪:75.0%
競馬:74.1%
パチンコ・パチスロ 80%~85%
オンラインカジノ 93%~102%